エコちゃんのおもちゃ箱2
エコロジャパン四国で飼っているペットの日記、第二弾です。 過去の記事はおもちゃ箱1でご覧ください!
プロフィール

エコちゃんの母

Author:エコちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛護の心
とっても 悲しい内容のブログを
見てしまいました。

真実はどうなのかは 当人同士にしか解らないけれど
ブログ名、その方の名前を出して 批判するなんて・・・
名前を出された方の ブログでは
ご自身の力の無さを悔やむ ジレンマの事を書いても
他人を 否定批判した文章は 見たことは有りません。
ましてや 同じに「小さな命」を救おうとしている人の事を・・・

情け無いです。

  「愛護の心」

って 何なのでしょうか?
人間は 完璧では有りません。
思いは有っても 出来ない事も有ります。
私自身も 決して偉い事を言えるような人間では有りません。
でも 人間は諦めず努力をする事が出来ます。
たとえ、ゴールが見えなくても 歯を食いしばり
1歩1歩前に進む事が出来ます。
同じ思いの人間が お互いに協力し合える所で手を繋ぎ
助けあわなければならないのでは ないでしょうか?
ネットは 無法地帯です。
文字は 残ります。
たとえ、ご自分のブログでも 
他者への影響力を考慮し
責任の持てる 文字を書いてください。

  「広島ドッグパーク」

の時の事を思い出し、不愉快です。

  「同じ思いの人を理解しようとせず 優しさを持てない人が
    どうして 動物達に優しい目を向けられるの?」

「愛護の心」を訴え 「小さな命」を守ろうと言うのならば
その「小さな命」達に 恥ずかしくない人間でいてください。
でないと それは「小さな命」を 悪用している

  「偽善者」

に なってしまうから。
動物達は、犬達は 何も言わないけれど
全て 見抜いています。

  「救うべき命」

を これ以上悲しませないで下さい。
人間同士が 傷付け合っていていたら

  「小さな命」

を 守ってあげることなんて 出来ません。
また 純粋に

  「小さな命」

と向き合おうとしている人達を
巻き込まないでください。

今回の事は 「氷山の一角」に過ぎません。
でも 気付いてください。
このような事も
動物達を不幸にしている 要因の一つである事を!
 



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ecolojapan.blog87.fc2.com/tb.php/65-0ccc8ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。