エコちゃんのおもちゃ箱2
エコロジャパン四国で飼っているペットの日記、第二弾です。 過去の記事はおもちゃ箱1でご覧ください!
プロフィール

エコちゃんの母

Author:エコちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命のツアー:第一回目
今、愛媛県動物愛護センターから
帰って来たところです。
先月から 計画していた

  「命のツアー:第一回目」

で 先月サン君が訪問した学園の先生、
「リードの会」を置かせて貰っている会社の
社長さんと そのお友達、
私との 4名で行ってきました。

まずは 職員さんからの
センターでの 業務説明、
県内での 数字が表す 現状・・・
などのお話の後、
センター内を 案内して貰いました。
初体験の 3名は 熱心に聞いていました。

いよいよ 管理棟・・・
二つの部屋に 数頭ずつ犬が居ます。
明らかに 虐待にあった犬、病気の犬・・・
我が家のエコちゃん、サン君達とは
比べものにもならない 目をしています。
奥の 明日殺処分の部屋に
昔ブームになった純血種の 犬が居ました。
首輪の後が有って 爪も綺麗に切り揃っています。
この子は これから自分に起こる事よりも
まだ飼い主を信じ、迎えに来てくれる事だけを
考えているのでしょう。
精一杯の所まで寄って来て
何の疑いも持っていない目で 私達を見つめます。

  「この子だけでも 連れて帰りたい!」

かなわぬ事と解っていながら 願ってしまいます。
明日の今頃には
もう この子達は この世には居ないのです。

  「何の為に 生まれて来たの?
    何故 こんな死に方をしなくては いけないの?」

センターに来るたびに 思ってしまいます。


3名の顔が だんだん暗くこわばってきます。

  「重い・・・
    でも 見て知った自分達の言葉で
      皆に伝えて行かなければいけない。」

と おっしゃって下さいました。
センターの職員さんが おっしゃっていました。

  「この子達は 生きて居たくても 生きられないんだ。
    人間は 自分がその気になれば いくらでも生きられる。
   今、死にたいと思っている人は ここに来て
    この子達の顔を見てやってくれ。
   そして1頭で良いから 連れて帰り
     捨てるつもりの命で この子達の「命」を
        まっとうさせてあげてくれ!」

  「親子で ここに来て この子達の顔を見て欲しい。
   死んでしまったら こんな風に ただの「灰」になってしまうんだよ。
   今、生きている事を 大切にして欲しい。
   家族で 一杯お話を して欲しい。
   上手にお話が出来ない子は
   この子達のように 目で話しかけているから
   お父さん、お母さん、子供のSOSにちゃんと 気付いてあげて!」


「命のツアー」は 今後も続けていきます。
愛媛県では 事前に申し込んでおけば
センターの職員さんが 今回のように案内をしてくださいます。
是非、問い合わせてみてください。

  「知らない事を 知る。」

勇気のいることですが
知る事で 自分の幸せや 可能性に
気付く事も 沢山有ります。
どうか あの子達がこの世に「生まれて来た事」を
また「奪われてしまった命」を
「無」にしないでください。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ecolojapan.blog87.fc2.com/tb.php/35-b57cc948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。