エコちゃんのおもちゃ箱2
エコロジャパン四国で飼っているペットの日記、第二弾です。 過去の記事はおもちゃ箱1でご覧ください!
プロフィール

エコちゃんの母

Author:エコちゃんの母
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛護団体解散の結末は・・・
近隣の県の ある動物愛護団体が
昨年暮れに 解散したそうです。
その団体は 新聞の折り込み広告に
20頭前後の犬や猫達の写真を載せ
里親募集を さいさいしていた 団体です。

  「最近、広告が入らないな?」

とは 思っていました。
近所にも その団体から来た子がいます。
その子の 飼い主さんから聞きました。

  「団体のスタッフから
   解散になったのだけど 30頭ほど行き場の無い子がいる。
   血統書も有って 良い犬も居るので 貰ってくれないか?
   って 言ってきたのですが 無理なのでお断りしました。」

また 違う飼い主さんからは

  「センターの職員さんから
   実はある団体が解散するのに もてあました犬を
   センターに持ち込んだのだけど 1頭でもいいから
   助けてやってくれないだろうか?
   って 電話が有ったのですが 何頭も飼えないので
   可哀想だけど 断りました。」

保護していた子を センターに持ち込んだと言う事は
「解散」ではなく「崩壊」でしょ!
この人達は 何をしたかったのでしょうか?
本当に「命」を大切に思い守ってきたのならば
たとへ団体が「解散」しても 個々で分担してお世話しながら
里親さんを 探すのが真の姿でしょう・・・
「愛護」と言いながら 結局は自己満足の為に
動物達を 利用しただけなのですか?
確かに 「命」を預かることは 大変な事です。
一つ抱え込めば その分何かは 犠牲にしなければなりません。
「動物愛護」なんてしていたら まず普通の生活は望めません。
時間も 体力も お金も 人間関係も 
全て動物達に捧げる位の覚悟を持っていなければ 出来ません。
それが出来ないのならば 最初からしない事です。
「可哀想」だけでは 「命」は救えないのです。

私は 今まで犬関係で
ペットショップ・動物病院・躾教室のスタッフの経験が有ります。
ブリーダー・ドッグショー・IPO・アジリティなどにも 関わってきました。
セラピードッグ活動・保護活動などもしてきました。
いろんな角度から 表裏の世界を
見て、経験して いっぱい考えて それでも まだ足りなくて・・・
どうすれば 皆が笑顔でいられる 優しい社会になるのだろう?・・・
そればかり 考えてしまいます。
そんな中で 関わった子は
我が子を守ってきた様に
この身を盾にしてでも 守る!
今も 仕事、活動をしながら
犬9頭、猫1匹の世話をしています。
でも これ以上は無理です。
これ以上 無理をしたら
今 居る子達までも 不幸にしてしまいます。
先日保護した 柴犬(テッちゃん)も
皆で 里親さんを探してくれています。


犬達の 顔を見て下さい。
大切に飼われて居て
飼い主さんと 信頼し有っている犬の顔と
野良で生活している犬の顔と
保護はされても 向き合う飼い主さんが居ない犬の顔と
そして センターで「死」を 待たされている犬の顔を・・・
「愛護」って 何なのでしょう?
答えは 犬達の顔が物語っていると思いませんか?
言葉が無い分、素直に顔に出るのです。
特に「目」に!
犬は 置かれる環境によって どんどん顔が変わってきます。
人も犬も 共に笑顔になれることが
一番大切な事では ないのでしょうか?
私自身、今一度「愛護」の意味を 考えてみようと思います。

ただ、うちの子の関して これだけは言えます。
皆、同じ顔をしています。
アーちゃんも エコちゃん、らんま君と同じ表情になりました。
皆、へそ天大の字で寝ています。
皆、大切な大切な 愛おしい我が子です。
この子達の「笑顔」が 私の「幸せ」です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

犬が道具かって言いたいですね。
新聞等に出していた広告も集めたお金から出していたんでしょうね?

なんで?解散

集ったお金が何処に使われたのでしょうね?

人から集めたお金は助ける為なんでしょう、だのにセンターへ持ち込むとは
お金の問題より其の団体へ援助した人の気持ちを考え事出来なかったのでしょうか?

エコさん自分を守ってね,誰もエコさんの体解らないからね、
愚痴りたい事あればいつでもTEL待ってるよ!

名前クリックで新しいFC2ブログへ今日はジャンプするみたいです!
【2009/01/20 10:10】 URL | 和泉 #- [ 編集]


>時間も 体力も お金も 人間関係も 
全て動物達に捧げる位の覚悟を持っていなければ 出来ません。

エコちゃんの母さんだから、言える言葉ですよね。
ほんとうに、いつも頭が下がります。

そして、ワンコのレスキューって、ほんとうに難しそうですね
エコちゃんの母さんちのワンコたちは、みんな幸せですe-266
【2009/01/20 21:48】 URL | ヒナタロウの母さん #1g8OfKoc [ 編集]


和泉さん、いつもいつも 有り難うね。
私は エコちゃん、サン君達の ぬくもりをいつまでも 感じていたいから
あの子達の 側にいつまでも居たいから 
これだけは 何が有っても 絶対に譲れないから
自爆は しません!
自分を犠牲にしての「愛護」は「真の愛護」ではないものね。
私の事までも 大切に思ってくれている人達に 感謝をする意味でも・・・
【2009/01/24 16:59】 URL | エコちゃんの母 #CIdXGH0Y [ 編集]


ヒナタロウの母さん、こんにちは。
頭は あげてくださいね。
母さんが 最初に頑張ってくれたから
今のエコちゃんが居るのですから。
レスキューは 一人で出来るものではありません。
皆の思いが手を繋ぎ やっと一つの「命」が 守れるのです。
私だって 家族、友人、仲間、職場の人達、御近所さんの
理解と協力が有るからこそ やっていけるのですから。
ワンコのレスキューなんて言いながら 実は
私自身が いろんな意味で レスキューされて居るみたいです。
最後に 我が家のワンコ達は「ワン」以外は言わないので 助かっているかも?・・・
【2009/01/24 17:09】 URL | エコちゃんの母 #CIdXGH0Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ecolojapan.blog87.fc2.com/tb.php/24-fe0ad31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。